銀行カードローンで借りる癖のある彼

  • 投稿日:
  • by
一見、破産したけど真面目な彼の方が堅実な印象があって、結婚相手に良さそうかなと思ったのですが、銀行カードローンで借りる癖のある彼を選びます。正直どちらも結婚するには悩むタイプなのですが、どうしてもどちらかを選ぶなら。 破産宣告をすると、不便が付きまとうと聞いた事があります。私が知っているのは車や家などが全部差し押さえになるという事だけですが、よく考えれば貯金も無いわけだから結婚後の生活は相当苦しいし、ローンも組めないし、苦労するのが目に見えているかと。 一方キャッシング癖のある彼ですが、これは結婚後にとことん教育しなおそうと思います。まずは説得。素直に応じてくれそうなら、返金後、カードにハサミを入れて処分。素直に応じないなら漫画を使います。「闇金ウシジマくん」。カード地獄に陥ってしまえば簡単に這い上がれない事を教えます。それでもダメなら自分の親、相手の親も巻き込んで逃げ場を封じて説得。しぶしぶでも応じてくれたらカード会社に連絡し、借り入れが出来ないようにしてもらいます。 とりあえず毎回返している今だったらまだ間に合うと思うので。
まず一発ぶちのめします。そんな頭の悪い子供がうちの子なんて情けない。 それから正座で説教を開始します。 まず、フリーターでも審査に通るキャッシングは安易にするものではないと話し、利率の高さ、無駄になるお金の話をします。 そして、お金を稼ぐことは簡単なことではない。大変な思いをして欲しいものを買うからこそ大事にできる。 だからほしいからすぐ買うではなく、計画した上で買う自己管理のできる大人になりなさい。と話します。 その後、返済はどうするつもりだったかを聞きます。 返済プランがハッキリしていればいいですが、できていないまま借りていた場合は更に説教追加です。 どちらにせよ、キャッシングは即此方で精算し、支払いは子供にアルバイト代から月賦で返済してもらいます。 今後については、どうしても困った時は相談しなさいと言います。高い買い物でも理由と返済プランがしっかりしていればお金は貸してあげるつもりです。
連帯保証人には絶対にならないと決めている。いまどきアコムやモビットなどの消費者金融では保証人はいらない。だからすでにアコムの即日キャッシングなどを利用はしているので、新たに保証人が必要な借金をしたところで、返済は難しいのではないでしょうか。保証人にならない理由として一番大きいのは連帯保証人の「連帯」という部分である。ただの保証人の場合お金を借りた本人に借金を返すことができないと確定するまで保証人に借金の返済の責任が回ってくることはないが、「連帯」保証人の場合は借金をした人が仮に返済できる場合でも保証人に返済責任が生じるということである。身近で連帯保証人に関する話を聞いたことはないが、テレビやネットの話では連帯保証人の印鑑を押したことによって他人の借金を背負わされ自身が破産したというようなエピソードもありリスクを考えると当然印鑑は押せない。 また連帯保証人の印鑑を押すような借金となると、法律に則ったところからの借金ではなく所謂ヤミ金からお金を借りるようなイメージがあるのでヤミ金のようなヤバいところから借りるようであれば借金を踏み倒すことは容易に想像できるのでそういう部分から考えても印鑑は押せない。 上記の理由から何があっても連帯保証人にはならないので印鑑は押さない。
"基本的に連帯保証人にはなりません。 連帯保証人って、ただの保証人と違って、債務者と全く同じ立場になります。 債権者から支払うように言われたら、まずは債務者に取り立てるように言うこともできません。 1番大切な人に楽天銀行カードローンなど銀行カードローンの連帯保証人になってくれと言われることがまず疑問です。 そんな大切な人が私に連帯保証人になれなんて言わないと思うからです。 逆に、私は1番大切な人に楽天銀行カードローンの連帯保証人なんか絶対にお願いしません。 迷惑は絶対にかけない自信はあるけれど、 連帯保証人という責任を大切な人に負わせるなんてありえないことだからです。 楽天銀行カードローンの金利も高いし、心配をかけるのもイヤです。 ですので、私の場合、大切な人が困っているのなら、 連帯保証人という形ではなく、きっとお金をあげると思います。 でも、仮にどうしても連帯保証人になる必要があるとします。 その場合に印鑑を押す金額は15万円までですね。 何かあったときに無理なく返せる上限のお金です。 この金額なら、あげたと思えば気持ちが楽ですね。 これ以上になれば、ずっと保証人になったことが頭から離れない気がします。 大切な人とお互い気持よくお付き合いするためにも、 できるだけ、連帯保証人という制度はなくしてもらいたいものです。

そんなにお金借りるから

  • 投稿日:
  • by
そんなにお金借りるから破産宣告する羽目になるんだと思う。破産宣告を受けるためにはそれなりの手順を踏む必要があり、時間や費用や手間がそれなりにかかるため、破産宣告をどうしても受けたいんだ、という意思のようなものを感じます。基本的にお金を借り過ぎなのである。お金 借りるという行為を行うと自分のものになってしまったと錯覚するのかな。いずれにしろ法的な債務整理の方法がいくつかある中で、あえて破産を選択したことは、その人なりの事情がさまざまあるにせよ、するべき選択をしたのだな、という感想を持ちます。心情的には、新しい生活に向けて是非頑張ってほしいと思います。法的整理に進まず、ヤミ金に手を出したりしてズルズルと問題を引き伸ばし、傷跡をさらに広げてしまう人々に比べると、評価して良いと思います。しかし、破産に進むに至った経緯や状況についてはしっかり反省する必要があり、再び同じ過ちを繰り返さないよう本人の強い自覚が必要ですし、その人をサポートする社会的な制度や、やさしく見守ってあげる周囲の人たち存在も必要だと感じます。

でもお金をすぐ借りるようなことは

  • 投稿日:
  • by
私にとってお金とは、生きていくために必要な物です。衣食住という人間にとって人間らしい生活をするうえで必要な環境を維持するにはそれらにはお金がかかります。でもお金をすぐ借りるようなことは考えません。お金は欲しいが借りてまでGETしようとは考えません。衣服で身をまとい、寒さや暑さから身を守ることは大切です。オシャレや流行りを度外視しても絶対に必要な物です。裸でいるわけにはいけませんし。食に関しても、食べることをとおして口からの栄養を摂取し、体力・思考・免疫を維持し体の機能を保つには必要です。食べる量をどんなに減らしても、まったく食べないということは死に直結することは明確です。住に関しても、これは住まい以外にも出費がかかります。実家だから・寮だから家賃がかからないから私は無関係なんてことは言えません。生きている限りかかる税金も多々あります。衣食住、それらにかかる支払いをすべて放棄したらどうなるか...。私たち人間は生きている限り絶対にお金がかかります、節約うんぬんで減らすことはできますがゼロになることはないのです。

身内が即日キャッシングコーナーに

  • 投稿日:
  • by
私の身内が即日キャッシングコーナーに入り、思いつめているような様子であった場合、もし、その身内が、親戚というのであれば、物影に隠れて、こっそりと、その親戚のキャッシングコーナーでの様子を盗み見し、家に帰って、夫に報告すると思います。 しかし、この身内というのが、自分の兄弟、親であれば、話は別です。 キャッシングコーナーにぐいぐいと押し入り、自分の親や兄弟を即日キャッシングコーナーから、出し、一緒に喫茶店でにでもいって、なぜ、即日融資キャッシングをするのか?と、事情を聞きます。 その際、食べるものにも困っているということであれば、10万円までならば、夫に相談しないで、すぐに、現金を渡して、ともかく、何かを食し、今後のことを考えようといいます。 もし、帰る家がないということであれば、自分の家に、連れ帰り、しばらく、家に泊まってもらって、今後の生活の建て直しについて、一緒に考えようと思います。 親や兄弟が借金で苦しむのは自分の心が耐えられないと思うからです。