でもお金をすぐ借りるようなことは

  • 投稿日:
  • by
私にとってお金とは、生きていくために必要な物です。衣食住という人間にとって人間らしい生活をするうえで必要な環境を維持するにはそれらにはお金がかかります。でもお金をすぐ借りるようなことは考えません。お金は欲しいが借りてまでGETしようとは考えません。衣服で身をまとい、寒さや暑さから身を守ることは大切です。オシャレや流行りを度外視しても絶対に必要な物です。裸でいるわけにはいけませんし。食に関しても、食べることをとおして口からの栄養を摂取し、体力・思考・免疫を維持し体の機能を保つには必要です。食べる量をどんなに減らしても、まったく食べないということは死に直結することは明確です。住に関しても、これは住まい以外にも出費がかかります。実家だから・寮だから家賃がかからないから私は無関係なんてことは言えません。生きている限りかかる税金も多々あります。衣食住、それらにかかる支払いをすべて放棄したらどうなるか...。私たち人間は生きている限り絶対にお金がかかります、節約うんぬんで減らすことはできますがゼロになることはないのです。

身内が即日キャッシングコーナーに

  • 投稿日:
  • by
私の身内が即日キャッシングコーナーに入り、思いつめているような様子であった場合、もし、その身内が、親戚というのであれば、物影に隠れて、こっそりと、その親戚のキャッシングコーナーでの様子を盗み見し、家に帰って、夫に報告すると思います。 しかし、この身内というのが、自分の兄弟、親であれば、話は別です。 キャッシングコーナーにぐいぐいと押し入り、自分の親や兄弟を即日キャッシングコーナーから、出し、一緒に喫茶店でにでもいって、なぜ、即日融資キャッシングをするのか?と、事情を聞きます。 その際、食べるものにも困っているということであれば、10万円までならば、夫に相談しないで、すぐに、現金を渡して、ともかく、何かを食し、今後のことを考えようといいます。 もし、帰る家がないということであれば、自分の家に、連れ帰り、しばらく、家に泊まってもらって、今後の生活の建て直しについて、一緒に考えようと思います。 親や兄弟が借金で苦しむのは自分の心が耐えられないと思うからです。